Read Article

オーストラリア・シドニー工科大学に留学

 こんにちは!2023年7月からオーストラリアのシドニー工科大学(UTS)に留学しています法文学部人文学科多元地域文化コース3年の前薗真鈴です。ここでは、私の留学生活を皆さんにお伝えしたいと思います。

 UTSはシドニーの中心に位置しています。新しい建物が多く、図書館は私のお気に入りの場所です。UTSは勉強する環境が整っていると思います。

 シドニーは大都市ですが、近くには森林やビーチがあるなど、自然も同時に感じられるところが私の好きなところです。

 私が留学を決めた理由は主に3つあります。1つ目は、オーストラリアの多文化共生について自分の目で見て学びたかったから。2つ目は、現地生や様々な国や地域から来る留学生たちと交流したり、一緒に学んだりして自分の視野を広げたかったから。3つ目は、将来英語を使う仕事に就きたく、自分の英語のコミュニケーション力を高めたかったからです。

 留学準備に関しては、早めに行うことをおすすめします。私は、留学の目的を決めることから始まりました。なんとなく海外に行きたいなとは思っていたのですが、グローバルセンターの先生に相談したところ、やはり留学は目的が大切だと聞き、自分がシドニーで何をしたいのか、学びたいのかということを考えました。

 語学に関して、UTSでは学部の授業をとるために、TOEFL iBTで79以上のスコアを取ることが必要でした。私は図書館で問題集を借りてひたすら解いていました。TOEFL は時間勝負なので、実際に時間を測りながら解くことをおすすめします。

 ビザに関しては、UTSから入学許可書をもらってから申請しました。申請してから1日以内に受理されたので、比較的に早くビザの申請は終わりました。

 私は今、UTSの学生寮に住んでいます。私は1週間で329ドル(日本円で約3万円 2,000円、光熱費込み)の家賃を払っています。私は6人でキッチン、シャワー、トイレを共有しています。

 UTSへの留学を考えている人は、学生寮をおすすめします。理由は、私の学生寮では学期の始まりや学期中にイベントを行っているので、友達をつくりやすいです。私は学生寮でできた友人と週末に遊んだり、旅行に行ったりしています。UTSへの留学が決まったら、学生寮へのアプリケーションの日を確認しておくことをおすすめします。入寮は申し込みの先着順になっているので、気をつけてください。

 留学生活が始まってからもうすぐ5ヶ月が過ぎようとしています。1ヶ月目は、シドニーでの生活に慣れることに必死でした。特に私は初めての1人暮らしだったので、自炊や洗濯など何もかも自分ですることが最初は大変に感じましたが、今は何とか慣れました。この5ヶ月間でまだホームシックになったことはありませんが、何回か1人で泣いたことはあります。原因は、英語が聞き取れなかったり話せなかったりしたことです。そこから、UTSが開催している英会話のイベントや学生寮のイベントに参加したり、なるべく留学生の友人と毎日話すようにしたりと意識的に英語を話すようにしています。こうして、英語を少しずつ積極的に話せるようになってきたのではないかと実感しています。今後の目標としては、私が関心のある移民の子どもたちへの支援について実際に学校を訪問するなどして調べたいと思っています。また、前の学期は授業についていくことに必死だったので、次の学期の授業ではもっと授業で発言したり、ディスカッションに積極的に参加したりしたいと考えています。

 留学を通して、英語力だけではなく、様々な困難を乗り越える力がついてきていると思っています。出発前の自分が思っていたよりも、毎日が刺激的で新しい発見があります。留学を考えている人は、興味のある国や地域のことを調べてみたり、鹿児島大学に来ている留学生と話をしてみたりすることをおすすめします!最後まで読んでくださりありがとうございました。

Return Top